夢の世界線の中心でくずおれた物語 ~ハルカメラ廃墟~ camerahal.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

管理人クレハルルが管理運営をしているブログです。


by クレハル

<   2015年 08月 ( 22 )   > この月の画像一覧



カバン沼、いやっほー。

てことで今日は車の六ヶ月点検がてら、新宿へ。

新宿東口ビックロB1Fのカメラバッグコーナーへ。

目的はフルサイズ一眼にEF70-200 f2.8のレンズをボディにつけたまま収納できるショルダータイプのカバン選びです。

大変、限定的な目的ですが。。

e0351574_00224646.jpg

まずはお目当てのthink tank レトロスペクティブ20です。いざ、投入。

e0351574_00224645.jpg
e0351574_00224689.jpg

ふむふむ。噂通りすっぽり入りますね。ただ20とはいえ結構でかい、そしてそれなりに重い。

そして取り出しが意外と引っかかるというか、すっぽり入りすぎていて取り出しづらい。

帆布の素材も、イメージしていたよりださいですね。ブランドを主張しない感じは好感が持てますが。

これは主観も入りますが、むしろそういうダサさで高級感を出さないのが目的なら合目的的なのでしょう。

ということで、この時点でハル的に今回は却下。

次。

e0351574_00224572.jpg

マンフロット MPショルダー30 MB MP-SB-30BBです。

今使っているのが、マンフロットのバックパックだったので、それなりに信頼していて、それなりにおしゃれ感も有り。いざ投入。

e0351574_00224526.jpg
e0351574_00224539.jpg



すっぽり入りますね。これはネットでもみたことなかったので新鮮な発見です。

そして取り出しやすさもピカイチ(死語)。各種、収納も問題なさそうだしいい感じです。

ただ今のバックパックとデザインがかぶるので新鮮味はありませんね。ただ今のバックパックにも云えることですが、

ZIPのメーカーが気になります。結構ごっついのがついてて安心ですが、個人的にYKKしか信用してません。

少しずれたりするくらいなら直せますが、徐々にかみ合わせが悪くなっただけで天寿を全うしそうなのが不安です。

あとは掛ける部分の根元がちゃっちい。一応、金属ぽくはありますが。

そして意外と奥行きがあるので、背負うと腰の辺りでゴロンゴロンしますね。

デザイン、取り出しやすさでは合格ですが、大きさと、ZIPは好きだけどメーカーが不詳なのでハル的に今回は却下。

次。

DOMKE J-1です。

e0351574_00224621.jpg
e0351574_00391555.jpg
e0351574_00390933.jpg
ちょっとでっぱるけど入る。天フタがすこし型がついているので閉まります。

ただ相当でかいです。語弊を恐れずに云うなら、質感はDOMKEにしては上等です。

ただ主に町歩きに使う予定ですので、ここまでの収納力を求めません。

よって今回は却下。

次。

DOMKE F-7です。

e0351574_00224699.jpg
e0351574_00224625.jpg

惜しい。。閉まりませんでした。

ただ中の仕切りを移動して、カメラを真ん中に移動するとギリギリしまりました。

そこまで無理して入れる必要はないだろうという感じです。

よって今回は却下。

次。最後に

DOMKE F-2です。

e0351574_00224600.jpg
論外。。ですね?

ちなみに閉めようとするとこうなります。

e0351574_00473033.jpg

アサリとかではありません。バカなの?死ぬの?って感じですね。

でも待てよ。

こうすればいいんだ!

e0351574_00491990.jpg

。。。

全然、守られてる感がないし、不安でいっぱいです。

ということでどういうことかはわかりませんが、このたびDOMKE F-2を買いました。

e0351574_23583455.jpg
急展開すぎてついてこられないと思いますがすみません。

既に持っていたF-10と並べてみます。

おや?若干というか大分、色合いが違いますね。これは買うときにF-1Xのオリーブとも違っていたので気づいていましたが、

ドンケのオリーブというのはロットの違いか、大きく二種類ほどあるようです。

F-2がみどり寄りのオリーブなら、F-10がミリタリー系に近いオリーブドラブですね。

どちらかというとF-10の色の方が好みだったのですが、まあ仕方ないやと妥協しました。

10文字ほどの秘密の呪文を唱えたら五千円ほど安くしてもらえましたし、全く同じ色よりは面白いかもしれません。

F-2の大きさでオリーブドラブだといかにもミリタリーマニアぽくて職質の機会に恵まれてしまいそうなので、

みどり寄りのオリーブの方がよさそうですね♪

ちなみに収納はこんな感じ。

e0351574_23585003.jpg

もちろんEF70-200を装着したままなんて収納しませんよ。

そんなこんなで、全く今回のブログタイトルにそぐわない結果となってしまったことを、深く深く、、

全く反省してません。いやっほー。

olive


[PR]
by greenhal2015 | 2015-08-31 00:58 | 雑記



ハルカメラ・ゼロ COLOR OF LIFE~あなたの人生の色は何色?~

当ブログは移転しました。新しいアドレスは以下になります。


今後とも宜しくお願いします。



買ってから後悔できるようなレンズではないので、敢えてディスってみます。。

1.前モデルより、かなり重量が増えた。

580g→760gに増えています。これはEF24-70 f2.8LⅡ(805g)とEF24-70 f4L(600g)くらい違いますね。。

2.新型のレンズ(?)BRレンズが、ガラスではなく有機材料である。

これはネットをみても騒がれてますが、劣化や強度が未知数なので不安ですね。
少なくとも10年、20年と使うものになりそうですから。。

3.価格がやたらと高騰している。

定価で税別285,000円。とても素人のカメラを趣味としている層向けではありません。
初値実売で税別230,000円ですから、下がってもせいぜい210,000といったところでしょうか。

4.解放で周辺が解像しすぎる気がする。

高性能になりすぎて、本来の味であった何かが失われ優等生的なつまらないレンズになっている気がする。。

5.EOS5D markⅢ程度の画素数2230万画素程度では、レンズの性能を活かし切れる気がしない。

EOS5Dsやsr用に開発されたレンズのような気がしますね。このレンズを買うことで更に高画素機器が欲しくなる沼が待っているかも。。

6.35mmという焦点距離は、帯に短したすきに長しであり、標準ズームの通過点的な扱いになっている。

風景には狭いと感じそうですし、ポートレートには広いけど全身入らないという、苛立ちが起こりそうな画角です。。

7.解放f値1.4の有効性に疑問がある。

f値的にみるとこれだけの広角で、果たしてそこまでのf値が必要なのか、反面f1.2まで突き抜けられなかった中途半端な感じがあります。。

8.サードパーティ製のレンズとの比較がまだされていない。

シグマや、はたまた純正のF2や前モデルとの比較が人柱様によってそれなりに行われて検討しても遅くはありません。シグマは色乗り的にNGですが。。

9.今後、EF50 f1.2やEF85 f1.2も刷新されていくように推測されるので、純正L単焦点沼に落ちかねない。

これは怖いですね。。

10.上記の全てを鑑みてもあまりある魅力を見いだせない。

単に新しくて、高性能で、高いからいいものなんだろうという盲目的な信仰にも似た感覚で買ってしまわないように気をつけましょう。。


以上

dystopia


以下の記事も参考までにご覧下さい。




[PR]
by greenhal2015 | 2015-08-29 07:42 | 雑記

最近のカメラ・写真雑感


色々とカメラを趣味にして写真を撮っていて思うことを箇条書きにて。

◆他者の写真を見ることによって表現の幅を広げる
最近は500pxの写真をよく見るようになりました。
見るのも結構、愉しいですね。
世界中の高度な写真をただで見られるってすごいことだ。

◆快適なカメラ機材の重量の模索と、新たなカバンの選定を進める
総重量5kg以内に抑えるというのが目標です。
一度に持ち出すレンズを3本までに抑える必要がありそうです。
ただカメラ本体に標準ズーム、望遠ズーム、小さい単焦点
そして1kg前後のカバンを選定してもすでに5kgに届きそう。

カバンはドンケとか、クランプラーのミリオンシリーズが気になります。

◆自分にとってのお気に入りの焦点距離を見つける
これはいよいよ単焦点のLレンズを購入しようか検討しているからです。
大三元レンズはレンズ沼への入り口に過ぎないとかなんとか。。

以下、風景を撮る際、単焦点にした場合の懸念事項
画角50mmは、風景の場合、かなりモチーフを決めて撮らないとよくわからない写真になりそう。
画角35mmは、風景の場合、モチーフを入れつつも、無駄な背景を入れることで、それらしい写真が撮れそう。
画角24mmは、風景の場合、いつも標準ズームで撮っているが、ただありのままの風景を撮ることに終始しそう。
画角14mmは、風景の場合、無駄なものを入れない配慮が大変そうで、構図が難しそう。
画角85mmは、風景の場合、あまり使えそうにない。ポートレート用と考えた方がよさそうだ。
画角100mmは、風景の場合、適さないと考える。マクロレンズを買うべきだろう。
画角135mmは、風景の場合、相当主体が限られる。構図というよりは対象を撮るだけとなり、ストレスが多そう。
画角200mm以上の単焦点は、別の世界のものと考え、自分の風景の中に入れない方がよいと推測される。

というわけで、どういうわけかよくわかりませんが、画角35mmに非常に惹かれている今日この頃。
本来は画角50mmが気になっていたのだが、とりあえず巻き餌レンズであるEF50 f1.8 STMでスキルを磨くのが無難かな。
ただ単焦点のLレンズは価格も相当なので純正でいくとなれば「これ一本!」ってのでフィックスしたいですね。
本日、EF35mm F1.4L II USMが発表されましたね。
定価で税別285000円、予約実売税別230000円くらいのようです。
もう少し値下がらないか、人柱が立つのも待ちたいですが、奇跡的に臨時収入が入れば買いたいですね。。

◆ぼくはなぜ写真を撮るのか?という問答を続ける
まあ色々考えると切りがないですが、そのうちまとめます。

◆ベストな撮影ロケーションについての探索を怠らない
もし写真の仕事をするなら、ロケハンの仕事をしたいかも知れない。
googleストリートビューもなかなか使えるかも知れない。

◆鳥の写真を撮るための知識、段取りを行う
涼しい頃がよさそうだ。まだ鳥ビギナーなので400mmで撮れる範囲の鳥を撮ろう。

◆Lレンズ相当のマクロレンズが必要かを見極める
EF24-70 F4.0付属のなんちゃってマクロでとりあえず練習しよう。

◆工場夜景を極めたい
幸い川崎の工場地帯が近い方なので、もう少し頻繁に何度も行って撮ってみたい。

◆コスプレ撮影
最近してないが、近々ゲームショウに行く予定なので、ひさびさに撮ってみたくなってきた。
コミケよりもゲームショウの方が比較的いかがわしくない感じがしていいかも知れない。

◆撮影に関する法的な事項を学ぶ
まあ肖像権とかそういうのですけど、愉しく真っ当に撮影していく上で、
ある程度の知識を仕入れておきたいところですね。

◆物撮りの環境を室内に整える。
部屋をスタジオにってまでは行きませんが、
職業柄なんとなく照明とかにこだわってみたい。

◆フィルムカメラを使いこなせるようになりたい
できれば現像から、フィルムスキャナーまで
Canon AE-1+FD50mm f1.4でちょこちょことは撮影してます。
まだ6枚ほどですが。。

てことで、長くなったのでここまで。

bang on


[PR]
by greenhal2015 | 2015-08-27 22:33 | 雑記

500px


昨夜はひさびさに500pxに投稿してみて、夜な夜なにやにやしながら過ごしていたわけですが、

LikeやFavoで評価がされてPulseが70を超えると、Upcomingとなり、人気が出そうな写真枠に載ります。

そして更に80を超えるとPopular入りとなり、より多くの人の目に触れますが、

二日目からはもうほとんど誰の目にもとまらなくなるような刹那主義者的な形式のようです。

ただ断続的にLikeやFavoされると、Pulseはそれなりに維持されるようです。

一枚の写真は一日経ってもまだ87.2と下がってませんが、いずれ下がるでしょう。

とりあえず目標は90超え、ゆくゆくは95超えをしてみたいと思いました。


そしてまた500pxはストアに商用目的で、出すこともできるようです。

しかしこれには肖像権や版権などが絡むので、注意したいところです。

国立公園など有料で入れる公園なども、商用の場合は許可が必要なことが多いようですね。

ただの花とか鳥とか空とかなら、特段、許可は必要ないでしょうけど。

ただ商用利用できないから、公園とか許可が必要な写真を撮りたくなくなるってのは

本末転倒ですから、あくまで趣味として楽しむなら、

そういうことは考えないようにしたいものです。

500pxの上には1xというサイトもあるようですが、もう写真じゃないような写真がたくさんありますね。



Pulse



[PR]
by greenhal2015 | 2015-08-25 18:39

e0351574_17091471.jpg


写真がたまってきたので、ブルーレイと二重バックアップ用に購入。ヨドバシのキャンペーンで最後の一台でした。5TBで実質23000円は安いですね。これでしばらくはもつでしょう。保存データをデュアル化しとくと安心感あります。



[PR]
by greenhal2015 | 2015-08-23 17:03

デジタルカメラ歴は地味に長くて今年で16年ほどになります。
以下、ぼくのデジタルカメラ機種遍歴。

・1999年01月01日購入 FUJIFILM FinePix 1700Z 撮影枚数14440枚
150万画素(総画素) 1/2.2型CCD

初代カメラです。祖父が孫たちの為に、それぞれに貯めてくれた貯金、約20万円を
何か有効なものに使えないものかと考え、購入に至りました。
当時、定価で89800円ほどしました。とても自腹では買えなかったので、
今思えばぼくのカメラライフをはじめる切っ掛けとなったので感謝してます。

・2006年07月10日購入 NIKON COOLPIX P4 撮影枚数 5766枚
810万画素 1/1.8型原色CCD(総画素数:約8.3メガピクセル)

初代カメラが壊れてしまい、泣く泣く買い換えました。
富士フイルムの自然な色合いはとても気に入っていたのですが、三万円前後で買えた記憶があります。
やはり技術の進歩はすさまじく、それなりに満足のゆくものでした。妹の結婚式などもこれで撮影。

・2011年07月03日購入 NIKON COOLPIX P300購入 撮影枚数 880枚
1220万画素 1/2.3型原色CMOS、総画素数12.75メガピクセル

先代P4は電源ボタンが小さかったせいもあり、接触が悪くなったので、
思い切って買い換えました。P4のニコンがよかったので、ニコンにしましたが、これが失敗。
コンデジなのにマニュアル設定までできるほどのコダワリ機種だったのですが、
拡大したときのブロックノイズみたいなのが非常に気になり幻滅。
1000万画素超えても、センサーが小さいとこんなもんかと落胆。

・2011年11月27日購入 Canon EOS60D購入 撮影枚数 4095枚
1800万画素(有効画素) APS-C 22.3mm×14.9mm CMOS

そこで意を決して、デジタル一眼を購入。重さ的に7Dはないなという重さで、
5Dなどは別の世界のものなんだろうくらいな感覚だったので、
趣味なら本気で、この機種を選択。
あまり好きではないヤマダ電機で8万円ちょうどくらいで買った記憶があります。

・2013年04月28日購入 Canon EOS5DmarkⅢ 撮影枚数 34663枚
2230万画素(有効画素) フルサイズ 36mm×24mm CMOS

アベノミクスやらで浮かれた外貨景気で、ついついフルサイズ対応のLレンズを買ったのが
沼の始まりでした。画角がAPS-Cでは狭い気がしてきて、清水の舞台から飛び降りる感覚で購入。
祖父母を見習い少ないながらも貯金をし、五年定期の預金がちょうど満期になって
金利のみで買うことができたので、懐はそれほど痛まずに済みました。
地球の光をすべて受けとめるために、というキャッチコピーが秀逸すぎて撃沈。

・2013年08月18日購入 RICOH GR 撮影枚数 7460枚

サブカメラ的な位置づけでも使えそうなので、気になって購入。
このサイズでAPS-Cというのは衝撃でした。
エフェクトが充実している。ハイダイナミック白黒とかが好きだ。
毎日毎日フルサイズ一眼を持ち歩くわけにはいかないので、
サブ機としては非常に有能だし、メインとして使ってもいいくらいなスペック。
当時、9万円近くしたと思うが後悔はしていない。
GRⅡが出たが、まったく悔しくない不思議な機種。

ある程度、揃えてしまったらあとは使い倒すだけというスタンスなので、
今後は、特に買い換える予定はありませんが、デジタル一眼のサブ機がちょっと欲しい。
レンズ資産を活かせる、EOS7D mark2やEOS70Dが有力候補。
毎秒12連写、DIGIC6以上、2600万画素くらいになったらいいけど、EOS80D待ちになるかな。。
EOS5Dsとかはちょっと微妙。マイナーバージョンアップ的な位置づけにしかみえないし。
さりとて8K対応としてはEOS5D markⅣではおそらく3000万画素アンダーだから無理そうなので、
買い換えはなさそうだし、そんなポンポン買い換えられるもんでもない。
買い換えるとしたらあと5年後くらいに
EOS5D markⅤあたりで5000万画素オーバーになって、その頃に8Kモニターくらいが標準になった頃かな。

sharchive


[PR]
by greenhal2015 | 2015-08-23 11:54 | 雑記

川内倫子「うたたね」


今から14年ほど前に買った写真集です。

ハイキーな写真。露出過多気味な写真と批評されることもありますがとても好きな写真集。

いま見かえすとある種の懐かしさも相まって、とても好い気韻を感じます。

写真集は組写真のように、全体としてある種のストーリーが仕組まれているようですが、

当時のぼくには気づけませんでした。写真に詳しい友人は気づいていたので感心した記憶があります。

当時、ぼくは「うたたね調」と名付けて、こんな感じの写真を撮ろうと頑張ってました。

決して今流行のパクリではなく、オマージュです。

先日、ふと川内倫子の別の写真集が欲しくなり、

一緒に歩いていた友人に、「川内倫子の写真集買っていってもいいかな?」と

訊ねると、どこぞのアイドルの写真集を買うのかと誤解されました。

そのときは見つかりませんでしたが、また探して見つけたら買ってみたいです。

あまでポチればいいじゃんというつっこみはなしで。


e0351574_10360425.jpg

川内倫子「うたたね」




[PR]
by greenhal2015 | 2015-08-23 10:35

肩肘張らずにこういうお気楽装備だけで、街撮りをするのもいいかもしれませんね。

5Dって時点でお気楽じゃないだろうという意見は却下。

これに満足できない人たちが、

EF35 f1.4ⅡとかEF50 f1.2Ⅱとかがでたら買うんでしょうね。

e0351574_22015475.jpg


[PR]
by greenhal2015 | 2015-08-19 22:00

35mm 単焦点
街撮りなどで使っている方を見受ける度にセンスがある人が多い。
純正はそろそろ新モデルチェンジ時期だろうか。シグマでも検討。

500mm以上 望遠
鳥撮影に必要な気がしてきた。もちろんズームで。
ただし400mmでどこまで通用するか挑戦してから検討。

12mm程度~24mm迄の広角ズーム
広角が欲しくなることがまれにあるので。
シグマの新製品待ち。

85mmから100mmくらいのマクロ
純正のレンズですごいのが出ているけどやや予定調和的。

50mm f1.0~f1.2 単焦点
純正の新モデルはf1.0とかにならないかと期待。
これが本命になるかもなので、値段は相応でも買いたい。。


ただいずれもそれほど緊急で欲しいというほどではない。

[PR]
by greenhal2015 | 2015-08-19 00:29 | 雑記

パンダックマ


e0351574_17004943.jpg


かわいすぎる。。
[PR]
by greenhal2015 | 2015-08-18 17:00