夢の世界線の中心でくずおれた物語 ~ハルカメラ廃墟~ camerahal.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

管理人クレハルルが管理運営をしているブログです。


by クレハル


元同僚の先輩に、ぼくが車を購入したときに、何かしらのドライブ計画をしておいてと、依頼しておいたら、急に誘われたので、先週の日曜日に行ってきました。

朝6時に出発。小田原辺りで高速を降りてマツダターンパイクなるくねくねした道に入ります。これは。。峠を攻めている感覚で楽しい。

ところどころで車を駐車して、眺めることができます。生憎、曇っていましたがそれはそれでいい雰囲気です。下は、いきなり熱海の写真。温泉街って感じですね。
e0351574_11041670.jpg

e0351574_11041958.jpg


ズームレンズも持ってきていたのでカシャリ。


e0351574_11042264.jpg

遠くになにやらぽっかり浮いたような島が見えます。初島かな?


e0351574_11041175.jpg

こちらもターンパイクからの眺め。GPS記録がないのでどこかは失念。。それはそうとこのターンパイクの道には「超急カーブ」なる表記が路面に書かれてました。写真を撮ればよかった。


e0351574_11041406.jpg


伊豆スカイラインを通って、天城高原方面へ。そこから海沿いを目指し、白浜海岸へ寄ってみました。海の色がとても綺麗だった。子供たちが遊んでいて被写体としてカシャリ。サーファーも結構いました。


e0351574_11052766.jpg


構図を変えて。


e0351574_11053067.jpg


そして目的地の石廊崎へ。断崖絶壁みたいなところに神社ぽいのがあって怖かった。ちょうど晴れてきてよかったです。でも風がすごい強い!


e0351574_11053363.jpg


同じく石廊崎。太陽が反射して綺麗。


e0351574_11053708.jpg


あんな感じの絶壁に神社?が建ってます。


e0351574_11052328.jpg


海の色がとても綺麗。ほとんど補正してません。


e0351574_11254524.jpg


波しぶきの白もいい感じ。


e0351574_11262863.jpg


遠くの眺め。


e0351574_11264126.jpg


風車もけっこうありますね。


e0351574_11271010.jpg


いつも遠くの島。初島かな?


e0351574_11271496.jpg


石廊崎の尖端。結構、切り立ってる。


e0351574_11070451.jpg


一応、石廊崎灯台も撮りました。残念ながら奥には入れません。


e0351574_11070126.jpg


こういうのが好き。


e0351574_11070765.jpg


廃墟と化した石廊崎の施設。元同僚曰く、昔ここで遊んだ記憶があるとのこと。


e0351574_11065942.jpg


なんとも哀愁漂う内部。廃墟マニアにはいいんじゃないかな。


e0351574_11074246.jpg


ひょっこりひょうたん島。


e0351574_11074438.jpg


とてもいろいろなところがカラフル。


e0351574_11074961.jpg


遊覧船も出てましたが、石廊崎尖端に登ることを選びました。それなりに急坂でしたが、高尾山ほどではありません。


e0351574_11075227.jpg


つづいて、波勝崎苑へ。お猿がたくさんいるところ。入園料は700円也。


e0351574_11083494.jpg


え、猿見るだけで700円か。どうしようかな。。と、悩みましたが意を決して入苑。結果、正解でした。まるで猿の群れに入ったようで、2001年宇宙の旅のシーンを彷彿とさせます。


e0351574_11073954.jpg


かわいい。


e0351574_11083732.jpg


こんなのも。


e0351574_11083917.jpg


そして、磯料理「さくら」という店で、刺身定食を頼み、30分以上待たされたあと、堂ヶ島へ。16:37日没ですが、すでに16:50。。まあ一度の旅で全ては見られませんね。。ブルーモーメントな感じには撮れました。


e0351574_11082708.jpg


補正を全くしてないのに、この青さはすごい。さすが神レンズや。え、違う。


e0351574_11083114.jpg


そして最後にダメ元で、田子へ。肉眼では何も見えないに等しかったけど、なんとか撮れました。みんな夕日とかと撮るのがメジャーだと思うけど、灯台の光で撮る人はあまりいないだろうと云うことで溜飲を下しますた。以上、駆け足でしたがとても、楽しかったですね。走行距離は450キロほど。帰りは真っ暗なくねくね道を走り。ぐんぐん上り坂を登っていくと突然、雲の中に!?

と、非常に冒険感溢れる旅でした。

flickr

[PR]
by greenhal2015 | 2015-11-26 11:42 | 撮影記